ごあいさつ


人と技術の力で、お客さまの豊かな食生活に貢献してまいります。

平素はソントングループに対し、格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、1942年にピーナッツバターの製造を開始して以来、パン・菓子を中心とした総合フィリングメーカーとして成長してまいりました。しかし、今後予測される人口減少やTPP解禁など、激化する食品業界の競争を生き抜くため、新たなビジネスモデルを確立すべく、総合フィリングメーカーから「総合食品産業」へと大きく舵を切りました。
また、今後さらなるマーケットの拡大が予想されるインバウンドビジネスにも参入し、日本を含めた世界への発信を「グローバル化」によって実現していく所存です。

ソントングループは未来を見据え、様々な改革を進めてまいりましたが、「健康に役立つ、美味しいものを多くの人に届けたい」という創業からの思いは今も昔も変わることはありません。
今後とも、世界の人々の健康と豊かな食文化の発展に貢献できるよう、価値ある商品の開発に注力し、お客様の期待と信頼に応えられる企業を目指してまいります。
今後ともソントングループにご期待頂くとともに、より一層のご理解とご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

ソントンホールディングス株式会社 代表取締役 石川 紳一郎